環状交差点の通行

環状交差点

平成26年9月1日より、環状交差点(ラウンドアバウト)の通行方法を定めた、道路交通法の一部改正が施行されました。
警察庁によると、環状交差点は通行時に速度が落ちやすく、時計回りの一方通行となります。
右折車と直進車の接触が起きず、重大事故の抑止効果が見込まれる他、信号機がないため停電時も混乱が起きにくく、東日本大震災以降、注目を集めました。

環状交差点の通行方法

環状交差点の通行方法は、従来の交差点と異なる通行方法になります。
平成26年9月1日現在、全国で34か所と数は少ないのですが、今後増加が見込まれます。
正しい、通行方法をしっかりと見につけましょう。

環状交差点の標識

環状交差点には、図の標識が設置されます。

環状交差点内を通行する車が優先

あらかじめ、できる限り道路の左端に寄り、徐行して進入してください。
環状交差点は、右回り(時計回り)に通行し、出来る限り交差点の側端に沿って徐行しなければなりません。

環状交差点内を通行している車が優先

環状交差点では、環状部分を通行している車が優先になります。
環状交差点に進入しようとする車は、環状部分を通行している車の進行を妨げてはいけません。

環状交差点から出るとき

環状交差点から出ようとするときは、出たい出口の直前の出口を通過した時に左の合図をだします。
ただし、環状交差点に入ったあと最初の出口から出ようとするときは、環状交差点に入った時に合図をだします。

歩行者に注意

環状交差点に入ったり、出たりするときは、横断歩行者に十分に気をつけましょう。

環状交差点の通行方法

1 環状交差点とは(7.1MB)

2 環状交差点の交通方法(9.8MB)

3 環状交差点を通行する時の留意点(9.9MB)

4 交通方法のポイント(4.7MB)

出典:警察庁ホームページ(http://www.npa.go.jp/koutsuu/index.htm
お電話でもお気軽にお問い合わせください
042-321-3981